FLIGHT OF DREAMS

2017年8月27日、DREAMLIFTER TOURを実施しました。

こんにちは、FLIGHT OF DREAMSプロジェクトチームです。

先日、FLIGHT OF DREAMS WEBサイトの公開に合わせて、夏休み特別イベントとしてDREAMLIFTER TOURを開催しました。

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、DREAMLIFTER(ドリームリフター)とはボーイング747LCFという飛行機の愛称で、ボーイング787の部品を運ぶための専用の飛行機です。

世界に4機しか存在せず、日本ではセントレアでしか見ることができない、とてもめずらしい飛行機なんですよ。
今回のツアーは、ボーイングのスタッフをはじめ、DREAMLIFTERの運行を担当するスタッフの皆さんのサポートを頂き、 DREAMLIFTERを間近で、そしてその内部までもを見学できる!という内容盛りだくさんのツアーとなりました。
今日はその様子をご紹介いたします!

今回ツアーにご参加頂いたのは、事前の応募抽選によって当選された4組の皆様です。

保安検査を終えていざツアーへ出発!
この日はお天気もよく、絶好のツアー日和となりました。
まずは、DREAMLIFTERで運ぶ部品が格納されている倉庫、
Dreamlifter Operations Center(通称DOC)へ。
この日は翼が格納されていました。

Dreamlifter Operations Center
この日はとても良いお天気!

ボーイング787の部品の35%は日本の中部地域でつくられており、
その部品がDOCを通ってセントレアからアメリカの工場に
運ばれていることなどをボーイングのスタッフの方から教えてもらいます。

こちらはMTS。タイヤの大きさ、伝わりますでしょうか?

続いて、DREAMLIFTERの後部貨物ドアの開閉を行うMTS(モバイル・テール・サポート)や部品の積み下ろしを行うLCL(ラージ・カーゴ・ローダー)などといったDREAMLIFTERの地上作業を支える車たちを見学しました。
なんと、実際に運転席に座って操作の体験も!
とても大きな車なので、ちゃんと動かせるかドキドキですが、
スタッフの方のエスコートで皆さん上手に操作されていましたよ!

こちらはMTS。タイヤの大きさ、伝わりますでしょうか?

そして、いよいよ、
DREAMLIFTERの到着です!
滑走路の近くに移動して到着を迎えます。

あ!見えてきました!

だんだんと着陸に向け滑走路に
近づいてきます・・・!

ボーイング747(ジャンボ機)を
改造して造られているだけあり、
迫力がありますね~!

着陸後、スポットに向かうドリームリフターが目の前を通ります・・・!
目の前を通ってスポットインしていく姿に皆さん圧倒されていましたよ。

その後、作業を見学していると、
先ほどDOCで見学したMTSが機体後部を開きます。
この姿もDREAMLIFTERならではのおもしろい光景ですよね。

その後は、待ちに待った機内見学へ!
貨物室は、まるで大きなトンネルのよう。
普段は見られないこの光景を皆さん目に焼き付けていましたよ。

これまで知らなかったDREAMLIFTERのあんなところやこんなところ、
そんなところまで(!)たくさんの発見や驚きにあふれたツアーになりました。

(ちなみに、写真は残せませんでしたがなんとコックピットも見学!!順番に機長席にも座りましたよ!)

今回見学したDREAMLIFTER、飛来のタイミングが合えば普段はスカイデッキからその姿を見ていただくことができます。
飛来スケジュールは非公開ですが、セントレアにお越しの際はぜひスカイデッキを覗いてみてくださいね!

また、FLIGHT OF DREAMSのオープンに向けて、
今後もいろいろなイベントやお知らせをお伝えしていきたいと思っていますので
どうぞ楽しみにして頂けたら嬉しいです!

以上、イベントリポートでした!